« また風評被害の犠牲に | Main | 違った視点で見れば安心 »

茨城県のHPががんばっています

 恐ろしい震災,津波,原発事故。しかも,余震はまだ続いています。
 人々が不安になる中,デマが広まります。
 外に出ると危険だ,雨に当たると大変だ,野菜はすべて危ない.......。

 今の時期,私にとって外は危険です。スギ花粉が一杯だからです。
 雨に当たると大変です。かぜをひくからです。
 野菜の一部は,出荷制限が出ました。
 原子力関係のニュースには,冷静に判断したいものです。
 乳幼児の飲料にしない方が良い,というニュースが出たら,水がスーパーから売り切れるというようなさわぎになったそうです。
 乳幼児の親御さんの気持ちを考えれば,分からないでもありません。でも,それだけでスーパーの棚から売り切れるとは信じられません。他の人も買い込んでいるような気がします。

 水道水の異常が発見されたことは,逆に,安心を与えてくれます。
 なぜなら,福島から遠く晴れた東京の水道水でさえ,監視がされていたことを示しているからです。
 野菜の異常が見つかったことについても,「いろいろな野菜に監視の目が届いている」ということに他なりません。
 そのような監視の目の情報は,都道府県のHPで見ることができるはずです。
 茨城県のHPは,トップに,みんなの不安に応える文章があり,リンク先を見るとデータが示されています。
 茨城県近隣の方は,是非見て欲しいと思います。

 福島の状況が気になりますが,できるだけ福島県民のみなさんにアクセスしやすいように,こちらからはリンクを貼るようなことはしません。
 

|

« また風評被害の犠牲に | Main | 違った視点で見れば安心 »

Comments

今,福島から疎開?してきた妹一家と共同生活中です。義弟は原発で働いています。義弟は,ニュースを見ながら「マイクロの単位だったら心配ない。数値が出た野菜でも,オレは食う。でも,ミリになったら危険だ,」と教えてくれます。冷静です。
「冷静にこわがる」って,名言だと思います。

Posted by: かつのり | March 24, 2011 at 10:47 PM

 ミリシーベルト,マイクロシーベルトといっても,時間あたりなのか積算量なのかで扱いが違います。詳しくは,自治体や政府の発表に従うことだと思います。

 さて,福島県のいわき市は,圏外で測定値も高くないのに物流が滞ってしまったそうです。官房長官が市長の要請を受けて安全宣言をしたそうです。いわき市のように,放射線の被害よりも人々の風評被害の方がダメージが大きいところが出ては問題でしょう。
 いわき市のみなさん,負けずに頑張ってください。

Posted by: 山猫 | March 25, 2011 at 12:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31002/51200075

Listed below are links to weblogs that reference 茨城県のHPががんばっています:

« また風評被害の犠牲に | Main | 違った視点で見れば安心 »